Twitter、セキュリティーを強化―常にHTTPSで接続が可能に

次の記事

T-MobileとSprintも日本への通話とテキストを無料に

アシュトン・カッチャーがTwitterのアカウントをハックされた後、TEDでTwitterの幹部に文句を言ったのだろうか? いずれにせよ今日(米国時間3/15)、Twitterのセッションを乗っ取るFirefoxアドオン、Firesheepに脅かされているTwitterユーザーに対して、「常にHTTPSで接続」というオプションが提供された。

HTTPSはSSL/TSLプロトコルを利用してデータを暗号化して通信経路のセキュリティーを高めた接続方法だ。これにより、コーヒーショップやカンファレンス会場のWiFiのような傍受されやすい環境でも安全な接続が可能になる。〔訳注:プロフィール→プロフィールを更新→ユーザー情報→一番下の「常にHTTPSのみを利用」をチェック〕

従来もTwitterユーザーはそのつどhttps://www.twitter.comに接続することでHTTPSを利用できたが、今後は常時HTPPS接続をオンにすることができるようになる。TwitterだけでなくiPhoneとiPad向けTwitterでもこのHTTPS接続は利用できる。

モバイル・ブラウザーからTwitterを利用する場合は依然、https://mobile.twitter.comを訪問する必要がある。しかしTwitterではモバイルデバイスでも常時HTTPS接続が利用できるようにする計画だ。将来はHTTPSをデフォールトにしたいとしている。

ashton kutcher@aplusk
ashton kutcher

Ashton, you've been Punk'd. This account is not secure. Dude, where's my SSL?

March 2, 2011 5:34 pm via webRetweetReply

ashton kutcher@aplusk
ashton kutcher

P.S. This is for those young protesters around the world who deserve not to have their Facebook & Twitter accounts hacked like this. #SSL

March 2, 2011 5:53 pm via webRetweetReply

[原文へ]

(翻訳:滑川海彦/namekawa01