ニュース
Android(製品・サービス)
Amazon / アマゾン(企業)

AmazonのAndroidアプリストアでは押しまちがいに要注意。返品不可!

次の記事

「ソーシャル」概念に革命をもたらすことになるかもしれないモバイル向け写真アプリケーションのColor、大金を調達してサービス開始

数日前、出来たてのAmazon Android Appstoreについて思うところを書いた時、アプリの購入手続きが少々〈簡単すぎる〉ことを指摘した。その後予想どおり私は、アプリのリストをスクロールしていて、うっかり「購入」ボタンを押してしまった。即座に取引が成立した。そして、今日わかったこと。返品はできない。

大した話ではないと思うかもしれない、なぜならAndroid Marketには15分間の返品猶予(24時間から短縮された)があるものの、AppleのApp Storeにも正式な返品手続きは存在しない(ちょっとした試練に耐えれば可能)。しかし、そのApp StoreとこのAppstoreには(わずかな名前の違い以外に)わずかだが大きな違いがある。それはワンクリック。

App Storeでは、アプリを買うまでに2回クリックする。まず価格をクリックすると、明るいグリーンの「今すぐ購入」ボタンに変わる。取引が成立するのはこの2度目のクリックの後だ。これで事実上クリックミスを防げる。さらに、しばらくストアをアクセスしていないと、購入が成立する前にパスワードを再入力するよう要求される。

Appstore(Amazonの方ね)では、文字通りワンクリックだ。画面上でうっかり別の場所にタッチすると ― アプリを買ってしまう。もちろん、これは「ワンクリック購入」をオンにしている場合だ。しかし、ウェブ上でそう設定してあるとAppstoreでもそうなる。私の場合がそうだった。これはちゃんと働けば超便利だ。そして、間違った時には超厄介である。

Amazonのウェブサイトでは、ワンクリックは購入プロセスをスピードアップするのでとても便利だ。しかし、ウェブサイトで買うものは概して「物理的」発送が必要なので、クリックミスを取り消すのは比較的容易だ。発送する物のないAppstoreではそうはいかない。

それとて大した問題ではない、Amazonが返品を受け付けないとういう事実を除いては。それを誰が知ろう。どうすれば返品できるかAmazonのウェブサイトを少々堀り起こした挙句、私はこの誤請求についてメールしなければならなかった。(後の記録のために書いておくと、彼らは請求を取り消しはしたが、これは1度限りの例外だと言った)。

要は、もしあなたがタッチスクリーンでよくクリックミスをするなら、Amazonのワンクリック購入がオフになっているのを確認すること。さもないと、文字通り高くつくことになる。

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi)