RT: 英国議会、議場からのツイートを許可へ

次の記事

Twitterの共同ファウンダー、ジャック・ドーシー、デザインの本質を熱く語る(ビデオ)

Twitterが嫌いな読者は読み飛ばしていただきたい。どうやらTwitterは英国下院本会議場に大きく一歩近づいたようだ。私は以前からアメリカの議会で議員が「オハイオ州選出の尊敬すべき同僚の予算に関する意見は大間違い。真実が知りたければ私をフォローしてください」などとツイートするのを早く見たいものだと思っていた。

英国下院の議事規則委員会は、議員が議場からツイートすることを「品位を損なわない限り」認めることを勧告すると発表した。

この目的のために議員が利用出来るデバイスはA4の用紙以下のサイズであることとされる。ノートパソコンは依然として禁止。

議員は議場に「デジタルノート(つまりiPad)」を持ち込み、選挙区民と直接コミュニケーションを図ることが許される。

調査によると、225人の下院議員がTwitterをしているという。規則委員会の勧告が本会議で可決されれば、まずは1年間、試験的に議場からのツイートが認められることになる。

[原文へ]

(翻訳:滑川海彦/namekawa01