GoogleがDiscoでグループメッセージングに進出か

次の記事

日本のタカラトミーのペット人形「ついまる」はツイートを音声で読み上げる

Googleが今日(米国時間3/25)、Discoという製品(iPhoneアプリとWebサイト)でグループメッセージングに進出したようだ。ただし、Googleが、と言ってよいのか…(後述)。

このサービスは、Googleが昨年25万5000ドル出してDomainfestで買ったDisco.comドメインを使っている。Disco.comのサイトは今日立ち上がり、ベータのアプリが昨日App Storeに出たが、これまで気づいた人はいない。そして分かったのは、Slideが作ったアプリであること。

本誌のオフィスで試してみたが、かなり速い。たぶん、Fast Society、Beluga、GroupMeといったグループメッセージングの競合製品のように多機能でないからだろう。プッシュノーティフィケーションが加わる前の初期のGroupMeに似ている、とも言える。

このアプリを作ったSlideは、評判の良いソーシャルアプリデベロッパだったが8月にGoogleが$182M(1億8200万ドル)で買収した。Slideは前にiPhoneアプリを作ったが、Googleに買われる前に最後に作ったのがSuper Pokeだ。しかしSlideはGoogleに買われてからもSlideとして自律的にビジネスを続け、したがってこのアプリケーションもGoogleのソーシャルプロジェクト“Plus One”とは無関係だ…そうだ。

今Googleに問い合わせているので、返事があり次第この記事を更新したい。

グループメッセージングは今すでに混み合っている業態だから、このアプリがどこまで行けるか分からないが、本誌のMG Sieglerが関連記事*を書いている。〔*: 未訳。アプリよりもWebサイトのほうが使いやすくて良い、と言っている。〕

ところで、おもしろいことが2つある: SlideのファウンダMax LevchinのFacebookの写真がアプリのスクリーンショットにある(バイクに乗っている人)。そして、Discoのホームページにあるサンプルグループの名前がGaGa Fan Clubだ。そういえば最近Lady Gagaが、Googleを訪問したけど。

ありがとう、TheDomains

[原文へ]
[jpTechCrunch最新記事サムネイル集]
[米TechCrunch最新記事サムネイル集]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))