GoogleがiTunes/Windows Media → Android変換サービスPushLifeを買収–いよいよ音楽進出だ!

次の記事

企業が発注する大量の翻訳をクラウドから管理するCloudwordsを元Salesforceの社員らが創業

Googleがトロントのモバイルエンタテイメント企業PushLifeを2500万ドル近い額で買収した、とStartup Northが報じている。同社はユーザのiTunesやWindows Media Player用のライブラリをAndroidやBlackberryの携帯電話に移植可能にするが、検索以外の分野に手を延ばしたがっているGoogleにとっては、まさに、おいしいぺろり一口だった。

元RIMの社員Ray Reddyが2008年に創業したPushLifeでユーザは、壁紙、音楽、ビデオ、着メロなどのメディアを携帯上で管理でき、買収される前には “ユーザが複数の製品にわたってデジタルコンテンツの再生、共有、および購入ができるような、機種やOSの違いを日常まったく意識しないモバイル体験を構築”することを目指していた。が、結局Googleに買われてしまった。

この買収がとくに興味深いのは、Googleがもうすぐ独自の音楽サービスを立ち上げるといううわさがあるからで、それなら当然、Googleのカナダの技術部門の一員になったPushLifeは、これまでと同様の技術を提供していくのだろう。

〔この関連記事(未訳)は、Googleが最近、GoogleBass.com、GoogleAlto.com、GoogleSoprano.com、GoogleTenor.com、GoogleNebula.com、GoogleThunder.com、GoogleLightning.comなどの、音楽およびクラウド関連(らしい)ドメイン名を正式に登録した、と報じている。〕

[原文へ]
[jpTechCrunch最新記事サムネイル集]
[米TechCrunch最新記事サムネイル集]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))