ニュース
iOS(製品・サービス)
BlackBerry(製品・サービス)
Android(製品・サービス)

Gartner予測:タブレット市場におけるiOSシェアは2015年には47%にまで下落?!

次の記事

Kiip、画期的な携帯広告モデルを発表―ゲームでの達成に応じて現実の商品をプレゼント

AppleのiPadは、タブレットマーケットにおける覇権をいつまで保持し続けるのだろうか。現在のところは他のタブレットと比して大きくリードを奪っているのは間違いない。マーケットシェア、アプリケーション、デザイン、およびユーザエクスペリエンスを踏まえたトータル面で見れば、Androidの最新OSであるHoneycombを搭載した最新タブレットも相手になっていない。Appleの方は最近発売を開始したiPad 2により、依然としてリードを保っている。果たしてこのリードはいつまで続くものだろうか。スマートフォンのマーケットシェアで、Androidが速やかにシェアを獲得したことが参考になるかもしれない。

そのような中、Gartnerが2015年までにタブレット市場で起こるシェアの変動についての予測を発表した。昨年におけるApple iOSのシェアは84パーセントで、Androidは14%だった。予測によるとiPadのシェアは年内に69%まで低下し、来年には64%、そして2015年の47%にまで下落し続けるだろうとのこと。その時点でも最大のシェアを握ることにはなるが、Androidの方も39%のシェアを保持することになるだろうと予測している。

QNX OSを搭載するBlackberry Playbookも2015年には10%のシェアを握ることになるだろうと予測している(これはまだ市場にも出ておらず、完全に予想のみの話だ)。他のOSについては統計に表れるまでにはならないだろうということだ。

もちろん揺籃期のタブレット市場において、今後何が起こるのかを正確に予測できる人などいない。Gartnerにしても2年前、スマートフォン市場におけるAndroidの躍進を完全に見誤っていた。同じ過ちは繰り返したくないと考えているはずで、今回の予測ではAndroidのシェアが拡大するものとして数字を作っているのだろう。

タブレットというのは全く新しいカテゴリに属するものであり、何事も起こり得るというのが実際のところだ。読者の方々はGartnerの予測を正しいとお考えだろうか。iPadのシェアは2015年までに37ポイント低下し、そしてAndroidが24ポイント伸びるということになるのだろうか。もちろんそうしたシナリオもあり得るだろう。しかし全くの見当はずれということもあり得る。読者の皆さんはいかがお考えだろうか。


原文へ

(翻訳:Maeda, H)