Microsoft、Kinectで動く椅子をデモ―PC用SDKとソースコードを公開へ

次の記事

2010年の米インターネット広告市場は260億ドル―ディスプレイは検索の2倍の成長率

Kinectすでに数々のクールな応用を生んでいるが、今回Microsoft自身から発表されたハックはKinnectで動くおもちゃのロボットなどとは比べものにならない。MIX11と呼ばれるこのデモは近く発表されるKinect PC SDKを利用して作られたものだ。このSDKはVisual Basic、C++、C#をサポートしており、幅広いデベロッパー・コミュティーを形成することになるだろう。

この椅子に全方向移動車輪が装備されており、手のジェスチャーだけでスムースにコントロールできる。リクライニングも可能だ。現在のところはコンセプトの実証デモに留まっているが、MicrosoftはこのKinnect椅子のソースコードもSDKと同時に公開する予定なので、改良に挑戦するデベロッパーも出てくることだろう。

[原文へ]

(翻訳:滑川海彦/namekawa01