iPhone 4、間もなくFlickr登録写真の撮影で最も使われているカメラとしての地位を獲得見込み。コンデジの現状および将来は暗闇の中

次の記事

東京のTeclosion 2011 Springで日本の優秀スタートアップ15社(14社+1人)が競う

Flickrにアップロードされている写真で、撮影に使われているカメラで最も多いのが何かをご存知だろうか。今のところ、その地位にあるのはNikonのD90ということになっている。しかし1ヵ月かそこらのうちに、AppleのiPhone 4が首位にたちそうな勢いだ。D90の方は登場後3年を経たカメラであり、一方のiPhone 4はまだ1年にも満たないのは驚くべきことだろう。上に掲載したグラフからわかるように、iPhone 4は驚くべき勢いで伸びている。

もちろんiPhoneが急激に地位をあげたのはこれが初めてではない。2009年にもiPhoneはFlickr上でCanon EOS Digital Rebel XTiを抜き去っている(訳注:日本名はEOS Kiss デジタル X)。但し当時はFlickr上ではiPhoneはすべてまとめてカウントされていた。つまりiPhone、iPhone 3GおよびiPhone 3GSがすべて同一の機種としてカウントされていたのだ。これらをすべてまとめて、Canonに対抗していたというわけだ。現在はiPhoneは機種毎に別カウントされるようになっており、iPhone 4単独で登場から1年経つか経たないかのうちにFlickr上でナンバー1の地位を獲得しようとしているのだ。このことは2009年時点でのナンバー1獲得よりも、確かに注目すべきできごとであると言えよう。

尚、今回公開された統計は、Flickrがモバイル面で大きなしくじりをしてしまったことを示すものでもある。TechCrunchでは以前、FlickrこそがInstagramのようなサービスを構築すべきだったが、官僚主義などが壁となりできなかったという元従業員の発言に基づく記事を掲載した。Flickrはスマートフォンカメラがマーケットを席巻することに気づいていながら、結局何の対応もせずにきてしまったのだ。

また下に掲載したグラフも興味深い。メジャーなコンパクトデジタルカメラが急激にシェアを失いつつあるという資料だ。まだ健闘している機種もあるではないかと思うかもしれない。しかしハイエンド(デジタル一眼)やスマートフォンカメラと比較すると急落している状況にある。そしてその傾向はさらに強まりつつあるのだ。コンパクトデジカメが「ソーシャル」の面において携帯カメラに追われつつある状況についても、やはり以前記事を掲載している。

6ヵ月前、いろいろなデータがコンパクトデジカメにとっての状況が悪化しつつあることを示していた。そして今や、その傾向に拍車がかかり最悪の状況を迎えつつあるように見える。この状況が続くのであれば(実際には加速しつつある)、コンパクトデジカメに将来はないということになる。

もちろんFlickrのデータがすべてを示しているというわけではない。しかし写真に興味を持つ幅広い層がFlickrを使っていることも事実だ。そのような中、スマートフォンで写真を撮っている人のFlickr利用率はむしろ低いものなのだ。つまりコンパクトデジカメを廻る状況は、Flickrの示すデータよりも一層悪いということになる。

そして今、iPhoneモデルをすべてまとめて扱うのであれば、他の利用機種をはるかに凌駕して1位の座を占めることになる。これが写真というものをとりまく現状だ。そしてこの流れはさらに続くことが予測される。

ちなみに台数の上ではAndroidがiPhoneの販売台数を抜いている。しかしAndroidを採用する特定のモデルが撮影機種として上位に上ってきてはいない。この理由はいまのところよくわからない。Android用のFlickrアプリケーションに良いものがないという理由かもしれないし、あるいは数多くのモデルが乱立しているせいなのかもしれない。iPhone 5の発表が秋になりそうな現状の中、iPhone 4がさらに勢力を拡大し、しばらくその座を守り続けることになるだろうと予想される。

FlickrとしてはiPhone 4の圧倒的優位を見て、自分たちがモバイルフォト革命の中で何を失ってしまったのかを十分に考える時間がある。そうした間も、コンパクトデジカメは血を流し続けることとなるだろう。

(余談ではあるが、Flickr上での人気カメラブランドページにて、iPhoneは最下位として扱われている。iPhoneが4つのモデルに分かれていることが原因なのかもしれない。あるいはFlickrの統計がどこかおかしいのかもしれない。ちなみにiPad 2はFlickr登録写真の撮影機種として多く用いられてはいないようだ。これは当然のことで、iPad 2が静止画の撮影には向いていないという事実を示している)。

原文へ

(翻訳:Maeda, H)