Google Chrome、Flashクッキーを削除可能に

次の記事

独占:パイオニアのAppRadioはiOSのルック&フィール

Googleが一年ほど前、ChromeブラウザーにAdobe Flashを組み込んだことを、今でも私はあまり好ましく思っていない。Appleびいきはさておき、私が最も恐れるのはバグ気味でしばしば不安定で性能キラーのプラグインを押しつけられることだから。さらには、この行動がHTML5への移行を遅らせるだけだと思うからだ。しかしGoogleには彼らなりの理由がある。そして今日、良い理由が一つ見つかった。

Googleは、Flashを組み込むようになって以来、ChromeユーザーにとってFlashがより安全になるよう努力を続けてきた。そのためにsandboxを使ったり、頻繁なセキュリティーパッチが出る度に自動更新してきた。しかし、Chromeの開発者用ビルドに加わった新機能を使えば、ユーザーはFlashクッキーをブラウザー内で簡単に削除できる。

通常、Flashが単独プラグインとして動作する時(他のブラウザーではいつでも)、ユーザーがFlash Local Shared Object(LSO、ローカル共有オブジェクト)をクリアーするためにはAdobeのウェブサイトに行く必要があった。要するに誰もやったことがない。もっと悪いことに、大半のユーザーはそれが可能であることにさえ気付いていない ― いや、おそらくそう〈すべき〉であることにも。

Chromeの最新ビルドでは、このFlashクッキー削除がブラウザーの設定画面から行えるようになった。「Clear Browsing Data」メニューエリア(レンチ > Tools > Clear browsing data)に、「Delete cookies and other site and plug-in data」というオプションが加わった。これを選ぶとFlashクッキーも削除される。

さらに嬉しいのは、Chromeを閉じるたびにすべてのプラグインクッキーを削除することもできることだ。他のプラグインも、Chrome内蔵のNPAPI ClearSiteData APIを使っていれば、このブラウザー機能でクリアできる(AdobeはFlash 10.3でこれを使っている)。

というわけで、認めるベき功績は認めなければならない ― これはGoogle(およびAdobe)によるFlash体験をさらに整えようとするすぐれた行動である。彼らがプラグインを強化することでHTML5に(そして、私が思うに結局ウェブそのものに)不利益をもたらしているとしても、少なくとも彼らはそれを改善しようともしている。

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi)