AudioMicro、Microsoftと提携してOffice 2010利用者に無料の音楽およびサウンドエフェクトデータを提供

次の記事

インターネット起業家は、プロスポーツ選手に似ている。ピークは25歳前後

DFJ FrontierおよびFotoliaの出資を受けて、ロイヤリティーフリーのストック(素材)音楽や効果音を提供するAudioMicroMicrosoftとの提携を発表した。世界中のMicrosoft Office 2010利用者にストック音楽や効果音を提供するという内容だ。

1,500以上の楽曲および効果音ライブラリがOffice.comにて提供され、Microsoft Office 2010の利用者はライセンスおよび配布条件の範囲内で、Microsoft Officeドキュメント内でデータが利用できる。

そもそも2008年にAudioMicroがサービスインしたのも、PowerPoint利用者のためにさまざまなデータを提供しようとしてのことだったと、AudioMicroの創立者兼CEOのRyan Bornは述べている。

Office.comにて提供されるAudioMicroのロイヤリティーフリー素材にはSoundeluxのThe Hollywood Edgeサウンドエフェクトライブラリが含まれる。同社の音源は「アンストッパブル」(Unstoppable)、「イングロリアス・バスターズ」(Inglourious Basterds)、「ボーン・アルティメイタム」(Bourne Ultimatum)、および「ブレイブハート」(Braveheart)などでも使用されている。

尚、AudioMicroが行うのは音源の提供のみではない。アニメセレブの写真タトゥーの原画などのデジタルコンテンツのライセンス販売を行うマーケットプレイスネットワークの運営も行なっている。

また、最近になってMyspace VPのSean Percivalをアドバイザーに迎えたという発表も行っている。SEO面およびソーシャル機能の面で手腕を発揮することが期待されているようだ。

原文へ

(翻訳:Maeda, H)