ビン・ラディン死亡のニュースは3時間35分にわたって3000ツイート/秒以上を記録

次の記事

オサマ・ビン・ラディン死亡のニュース、Twitterを駆け巡る

オサマ・ビン・ラディン死亡のニュースに関連したツイート数について、Twitterは暫定的に4000ツイート/秒としていたが、先ほど改訂版が発表された。それによると、ピーク時(東部時間午後11時)に、5106ツイート/秒が記録されたという。これは2011年のスーパーボウル(4064ツイート/秒)を上回るものの、2010年の新年(6939ツイート/秒)には及ばなかった。

しかしピークの持続時間ではTwitter史上最長のイベントとなった。午後10時45分から午前2時20分にかけて3時間35分の間にトータル3870万ツイートが投稿され、平均3000ツイート/秒を記録した。中でも10時45分から0時30分にかけては3440ツイート/秒、合計1240万ツイートが記録された。スーパーボウルの際は300ツイート/秒以上が記録された時間は20分に過ぎなかった。

Twitter PRは以下のとおり詳細なデータを発表している。

昨夜、Twitterでは、3000ツイート/秒以上のツイートが連続した時間の新記録を樹立した。東部時間午後10時45分から午前 2時20分までの間、毎秒3000ツイート以上が投稿された。東部時間午後11時には5106ツイート/秒が記録された。午後11時45分からオバマ大統領が演説を終えるまでの間は平均5008ツイート/秒だった(昨夜われわれが発表した数値は正確ではなかった)。

時系列で整理すると以下のとおりだ。昨日、東部時間午後1時:00にパキスタンのAbbottabadに滞在していたAthar (@reallyvirtual)というユーザーがそれと知らずにlビン・ラディンの隠れ家に対するヘリコプターによる急襲をライブブログした。東部時間午後9時45分にホワイトハウスのコミュニケーション・ディレクター、ダン・ファイファーが記者団に対しオバマ大統領が午後10時30分に緊急発表を行うと通知した。同時にその」ことをTwitterにも流した。

午後10時25分にドナルド・ラムズフェルドが国防長官時代に主席補佐官だったキース・アーバーンが「信頼できる人物からオサマ・ビン・ラディンが死亡したと聞いた。こりゃすごい! 」とツイートした。これに続いて午後10時45分にはABC、 NBC、CBSも「ビン・ラディン死亡」のニュースをテレビで流した。オバマ大統領の演説は11時30分に開始された。11時35分に大統領はビン・ラディンの死亡を確認し、11時45分に演説が終了した。

(参考)過去のツイート記録

* ツイート毎秒の最高記録は依然として2010年の日本の「明けましておめでとう」ツイートの6939ツイート/秒

* 日本で大地震と津波が起きた日(3/11)に5530ツイート/が記録された(この日、5000ツイート/秒以上が5回記録された)。

* 2011年のスーパーボウルは4064ツイート/秒

* ワールドカップで日本がデンマークに勝利した瞬間が3283ツイート/秒。

* 2010年NBAファイナルの最終試合が3085ツイート/秒

* 先週金曜日の英王室のロイヤル・ウェディングが3966ツイート/秒(ロンドン時間午後4時)。

〔日本版:オサマ・ビン・ラディンが死亡したアルカイダの拠点にGoogleマップ上で多数のレビューが書きこまれている。〕


Twitter Comms

Last night saw the highest sustained rate of Tweets ever. From 10:45 – 2:20am ET, there was an average of 3,000 Tweets per second [1/3]

Twitter Comms

At 11p.m. ET, there were 5,106 Tweets per second. At 11:45p.m. ET, when Pres. Obama finished his remarks, there were 5,008 TPS [2/3]

Twitter Comms

Note: The TPS numbers we reported last night were incomplete [3/3]

Graph: @miguelrios

[原文へ]

(翻訳:滑川海彦/namekawa01