Yammer

Yammer、AIR版デスクトップアプリケーションをリニューアル。スレッドのサポートおよび通知タブ、ドキュメントビュワーを実装

次の記事

Googleが「おみせフォト」を発表―ストリートビューが屋内に

企業向けソーシャルネットワークプラットフォームを提供しているYammerが、先日のiPadアプリケーションに続いて、Adobe AIR版のデスクトップアプリケーションの新版をリリースした。

Yammerは「企業向けTwitter」としてデビューし、2008年のTechCrunch 50にて優勝したサービスだ。企業内コミュニケーション用アプリケーションを、各種プラットフォーム向けにリリースしている。米国TechCrunchにても、日々の業務連絡にはYammerを利用している。

新しいデスクトップアプリケーションではスレッド(多くの人が望んでいた機能だ)がサポートされ、またメッセージ、メンション、返信などをまとめて表示する通知タブもサポートされた。またダイレクトメッセージを一括表示して、トピックスにまとめてタグ付けするような機能も追加された。またドキュメントビュワーも実装され、フィードに添付されたドキュメントを(ウェブ上のビュワーで)閲覧できるようにもなった。

利用者の観点からすると、スレッドのサポートと通知タブが実装されたのは非常に嬉しい。ただしAIR版のアプリケーションはどうもバグ含みであるようにも感じる。この辺りは同僚のMGと同意見だ。今のところMac版のネイティブアプリケーションがベストだと思う。AIR版にしても、Mac OS X版のネイティブアプリケーションの開発者によるGabbleを買収してしまうのが最善だと思う。

原文へ

(翻訳:Maeda, H)