[jp]カヤックがVoIPアプリ「Reengo」をリリース

次の記事

Google I/O: 新パートナーを見つけOSをアップデートするGoogle TV–今度はうまくいくかな?

カヤックがiPhone向けにVoIPアプリ「Reengo」をリリースした。すでにiTunesストアからダウンロードできる。この分野にはSkypeやViberのようなすぐれたアプリがあるが、ReengoはFacebookの友達リストからReengoユーザーを見つけ出して電話できるのがアドバンテージだとカヤック側では説明している。つまり、相手の電話番号やアカウントを知らなくてもFacebookユーザー同士であれば電話ができるということだ。

これが、果たしてこれがどれだけ競合に対して有効に働くのかははわからないが、このアプリを日本以外の国も視野にいれて提供していきたいのでまずはFacebook対応にしたという。

アプリ自体を起動していなくても着信を待ち受けられるので、このあたりは普通の電話と同じように使えるだろう。もちろんパケット通信なのでパケット代はかかるが電話代はかからない。それから、気になる音質については問題ない。ただ、私が試したところ少しだけ接続が途切れるケースもなくもなかったので、このあたりは改善の余地はあるのかもしれない。ReengoのAndroid版も近日中に登場予定だという。