Google I/O:Chromeのユーザーは1億6000万、リアルタイム音声翻訳を含む画期的なバージョンアップを予定

次の記事

Google I/O:Chrome Web Store、一律5%の手数料で アプリ内購入が可能に

Chromeのユーザーベースはこの1年で7000万から1億6000万へと2倍以上に増加した。またプラットフォームもLinux、Windows、OS X のすべてが出揃った。どのバージョンのChromeでもGoogleはスピードとセキュリティーを最大のセールスポイントとしている。

Googleはこの数ヶ月以内に大幅なバージョンアップを行う計画だという。これには音声認識のバンドル、ユーザーとの対話性をさらに拡張するための新たなデベロッパー向けAPIなどが含まれる。音声認識には、リアルタイム翻訳機能などが含まれる。

GoogleはChromeのHTLM5レンダリングを引き続き改良している(金魚鉢ベンチマークではWindows版で1000匹近い金魚のレンダリングを達成できるという)。WebGLの処理も改良される予定だ。

[原文へ]

(翻訳:滑川海彦/namekawa01