[jp]MobageのAndroidネイティブのアプリがリリースされた

次の記事

Amazonはいかにしてeコマースを制覇したか[スライド]

どうやらMobageのAndroid版のネイティブアプリがでたようだ。ディー・エヌ・エーより本日正式に発表された。私はまだ実際に触ってはいなのだが、「忍者ロワイヤル」のような新しいゲームも登場してきているようだ。iOS版は6月にリリースされるとしている。

4月を目処にリリースとして昨年末に発表されていたが、ゴールデンウィーク前の2010年3月期の決算発表では、2週間ほど遅れてリリースされるとのことだったので、ゴールデンウィーク後のリリースの可能性を示唆したが、本日の発表となった。いよいよMobageも本格的なスマートフォンの競争に入ったということが言えるのだろう。

以下にプレスリリース文を掲載しておこう。

Android端末向けアプリ版「Mobage」を提供開始
~スマートフォン向けゲームアプリの提供により、スマートフォン展開を本格化~

株式会社ディー・エヌ・エー(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長兼CEO:南場智子、以下DeNA)は、5月12日(木)より、Android(*1)端末向けにアプリ版「Mobage for Smartphone」(以下Mobage)を提供開始します。アプリ版「Mobage」には、DeNAの米国子会社であるngmocoが提供するスマートフォン向けゲームエンジン「ngCore(エヌジーコア)」によって開発された自社製ゲームやデベロッパー開発ゲームなどが提供されます。

今回、DeNAが「ngCore」によって開発した2つの自社製ゲームは、どちらもスマートフォンならではのインターフェース・操作性を活かしたゲームとなっています。「忍者ロワイヤル」は、画面をタップして手裏剣を投げ、スラッシュで刀を振って敵を斬る事ができる新感覚アクションRPGです。「アクアコレクション」は、多様な魚を飼い、自由なデコレーションを楽しめるお魚育成ゲームで、レベルに応じて広くなる水槽や、ミニゲームの搭載が特徴です。

また、株式会社コーエーテクモゲームスとDeNAが「ngCore」によって共同開発を行っている有名タイトルゲーム「100万人のモンスターファーム」や、デベロッパーが「ngCore」によって開発したゲームもアプリ版「Mobage」に提供される予定です。

本日提供されるアプリ版「Mobage」は、ブラウザ版「Mobage」の右記ページより入手できます(URL:http://sp.mbga.jp/_mobage_portal_dl)。今後の展開として、6月以降にiOS(*2)端末向けアプリ版「Mobage」を提供開始する予定で、iOS端末ユーザも「ngCore」によって開発されたゲームを楽しむことができるようになります。また、ngmocoより海外スマートフォン向けアプリ版「Mobage」も提供される予定です。

DeNAはこれまでも、積極的にスマートフォン展開を行ってきました。4月26日には、「Mobage」にて主要3キャリアであるdocomo・au・SoftBankでスマートフォン向けキャリア決済に対応し、ユーザの利便性が大幅に向上しました。また、アプリ版「Mobage」の提供に合わせ、Mobage Android SDK(*3)によって開発され
た「リバーシ」「花札」「大富豪」「スペースインベーダー LITE for Mobage」などのスマートフォン向けカジュアルゲームアプリも本日よりAndroid端末向けに提供が開始されます。

DeNAは、今後も引き続き積極的にスマートフォン上での展開を強化し、国内・海外でNO.1のソーシャルゲームプラットフォームを構築していきます。

* 1: 「Android」はGoogle Inc.の商標または登録商標です。
* 2: 「iOS」は、米国および他の国における Apple Inc.の商標または登録商標です。
* 3: 「Mobage Android SDK」とは、Androidネイティブアプリからも「Mobage」
のソーシャルゲームプラットフォーム機能を直接利用することができる、
「ngCore」とは異なったゲームアプリ開発に必要なツール一式のこと。