[jp]キラキラな「デコ写真」を共有するiPhoneアプリ「Snapeee」登場

次の記事

Google I/O:企業向けにChromebooksノートパソコンを1ユーザー月28ドルで提供へ

サイバーエージェントベンチャーズがシード期の会社を設立するのをサポートするプログラム「Startups2010」から最初のプロダクトが登場した。それがマインドパレットiPhone向け写真共有アプリSnapeeeで、すでにiTunesストアから手に入れられる。

Instagramやpicplzのような海外勢は画像加工のフィルターを用意して、撮影した写真をプロっぽくオシャレに加工できるのが人気のヒミツだったのだと思う。でも日本の若い女の子たちだったら、そんな加工よりも慣れ親しんだキラキラな「デコ写真」のほうがよっぽどカワイイと思うはずだ。それを実現したのがSnapeeeだ。もちろん写真を単純に撮影するだけでなくて、みんなと共有するようになっている。このあたりの方法は、InstagramやPathのようなものと似通っているが、どちらかと言えばInstagramのようにフォローしあう関係でソーシャルグラフが構成されている。もちろん、Snapeeeで共有するだけでなく、TwitterやFacebook、そして当然ながらmixiのようなソーシャルメディアへの写真投稿も可能になっている。

このアプリは無料版で提供しているが、今後は「デコ素材」をアイテム課金で提供するビジネスを考えている(まだ対応はしてない)。このあたりは日本のフィーチャーフォンで培ったビジネスの考え方を取り入れるようだ。そしてまずはiPhoneでユーザーを広げていって、その後Android版の開発に着手したいとマインドパレット代表取締役の小林佑次氏が教えてくれた。もちろん、日本以外の国でも提供していこうとしている。こういた日本初の文化がウケたらそれはそれで面白そうだ。

なお、このSnapeee登場のきっかけとなったStartupsの最新プログラムとなるStartups2011がビジネスプランを募集していることをお知らせしたおこう(締切りは5月16日の朝9時)。