Instagramに略歴とグリッドビューが付いて便利になった

次の記事

[jp]auのスマートフォンにFacebookの機能が搭載

私のように、Instagramが、TwitterやFacebookと同じく毎朝一番にチェックするサービスになっている読者もいることと思う。私の依存度合いは、アプリの隔月アップデートが待ち遠しいレベルにまで達している(Tilt Shiftは、写真共有中毒者にとって、スライスされたパン以来ともいえる出来事だった)。

それでVersion 1.7では何が新しくなったのか。一番明らかな変化は、誰かのフォト履歴を見た時に、面倒なフィードではなくグリッド形式で表示されるようになったことだ。両者を切り換えることも可能。

さらにプロフィールに略歴が書けるようになった(プロフィールの編集 > bio)ほか、TwitterやFacebookのプロフィール写真をアップロードしたり(プロフィール写真の変更)、Instagramのフォロー関係に基づいてどのプロフィール通知を受け取るかを指定できる(プロフィールの編集 > Push Notifications)。

Instagramのファウンダー、Kevin Systromが、各新機能について動機と思い入れを語っている。

グリッド表示
一番多かったリクエストが、フィードをもっと見やすくすることだった。これからは、ユーザー、位置、ハッシュタグのフィードを、写真のグリッドビューをすばやくめくって見ることができる。

Bio(略歴)

Instagramで最強の財産の一つはコミュニティーだ。ユーザーは世界中で友達を作り、写真の向こうにいる人たちについて、もっと知りたいと常に思ってきた。略歴を追加しただけで、これからは文字を通じて自分を語ることもできるようになる。

プッシュ通知の個別設定

これまではInstagramからのプッシュ通知を全部受け取るか、全く受け取らないかのどちらかしか選べなかった。今日からは細かい設定が可能になる。いいね!やコメントの通知を全員分受け取るか、フォローしている人だけにするかを選べる。

TwitterとFacebookのプロフィール写真を使う
大ていの人はカメラロールに自分の写真が入っていない ― そこで、他のサービスからプロフィール写真をインポートできるようにした。

Systromによると、彼らは頻繁なアップデートを続ける一方で、大きな目標も描いているという。最新アップデートに関する詳細情報はInstagramブログにある。

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi)