tcdisrupt hackathon
tcdisrupt

本格的な法律文書をDIYできるサービスDocracy–これもハッカソン入賞者

次の記事

Apple、〈特許ゴロ〉に強硬対応。「ウチの開発者にちょっかいを出すな」

今日(米国時間5/22)行われたTechCrunch Disrupt Hackathonの入賞者の中には、ちょうどGitHubでコードを共有するように、法律文書を共有し作成するサービスDocracyがいる。作ったのはモバイルアプリのデベロッパMatt HallとJohn Watkinsonで、彼らはデベロッパ企業Larva Labsのファウンダたちだ。

Docracyは本格的な法律文書…契約書、NDA、遺言、信託など…のためのオンラインでオープンソースなハブだ。たとえば企業や個人が法律文書を作るときは、ここにある本物の文書を参考にできる。

HallとWatkinsonは最近、あるクライアントとNDAを締結する機会があったが、そのとき、載せる項目の取捨選択で苦労した。でも、こんなことで弁護士にお金を払うのはばからしい。個人や小企業も、法律文書を作る機会はけっこうあるが、でもそのために弁護士を雇うほどの余裕のない場合も多い。

Docracyはすばらしいアイデアだ。スタートアップやフリーで仕事をしている個人などは、困ったときに助かるだろう。一般公開は今週中だそうだ。

[原文へ]
[jpTechCrunch最新記事サムネイル集]
[米TechCrunch最新記事サムネイル集]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))