tcdisrupt
TC Disrupt Hackathon

ハッカソンの最年少出場者は14歳のニューヨークっ子

次の記事

到着を知らせてくれる「Arrived」

夕べ(米国時間5/21)のニューヨークは、TechCrunch DisruptのHackathon(ハッカソン)に集まって腕を競うハッカーたちの熱気でむんむんしていた。ガソリンの代わりにRedBullとコーヒーと大量のジャンクフードが体の中で燃焼している彼らは、 徹夜もへいちゃら、自分のアイデアを審査員の目に見える形にするのに懸命だった。審査員は、VCのJeff Clavier、Canv.asのファウンダChristopher Poole、それにGoogleの製品担当VP Bradley Horowitzだ。

さて、この記事と写真でご紹介するのは、14歳の少年ハッカーJake Essmanだ。彼は生まれも育ちもニューヨーク、年上のお仲間Jesse Leone、William Li、そしてFeliks Beygelらと一緒に、ショッピングのための検索エンジンbuybyを作った。とても単純で、探している品物がどこのお店にあるかを教えてくれる。たとえば’白のTシャツ’で検索すると、売ってるお店のリストが出るだけでなく、ユーザの現在位置に近いお店を教えてくれる。

10歳でコードを書き始めたEssmanによれば、ハッカソンにはママに勧められたから出た。国連の職員たちが作った私立校United Nations Schoolに通うEssmanにとって、プログラミングは趣味だ。彼が以前、初めて作ったサイトRantingOutLoudは、誰もが何でもラント(rant,文句・批判・怒りなどをぶつける)できるフォーラムだ。プログラミングは、完全に自学自習だ。

Essmanにとってプログラミングはあくまでも趣味だから、「大きくなったら何になりたい?」、「お医者さん」だそうだ。残念ねぇ。

下はハッカソンでプレゼンをしているEssman

写真クレジット: /Daniel Raffel

[原文へ]
[jpTechCrunch最新記事サムネイル集]
[米TechCrunch最新記事サムネイル集]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))