洗濯が終ったことを知らせてくれるiPhoneアプリ、DryerBro

次の記事

スタートアップの立ち上げ前、CEOの仕事はサンドイッチを買うことだった

かつてIt’sthisforthat(*) を世に送り出した連中が、またまた人生をちょっと便利で楽しくする方法を考え出した。DryerBroは、iPhoneのアクセロメーターを使って、洗濯が終ったことを知らせるアプリだ。
[* 訳注:スタートアップが次に何をすべきかを教えてくれるナンセンスなサービス]

DryerBroは、iPhoneまたはiTouchを洗濯機に置いておくと、洗濯が終ったことを、他の洗濯仲間たち(*)に知らせてくれる。これは、大ヒットの予感がする。Facebookだって大学で始まったんだし。
[* 訳注 自分のiPhoneは洗濯機の上にあるので受信できない(FAQより)]

DryerBroは、設定を済ますとアクセロメーターとTwilioを使って、SMS、メール、または電話を使って、複数の電話機に対して、大切な物が引き取り準備完了であることを通知する。

作者のEric Kerrが言う。「ぼくらは野郎11人で一つの家に住んでいて、洗濯に関して深刻なほどに困っている。全員週末に洗濯機を使いたいのに、前の回がいつ終ったのかわからない。問題解決に必要な道具(アクセロメーター、Twilio)は揃っていたのに、何も出来ていなかったことが、ハッカーとして気になっていた。

そこで、彼らはDryerBroを作った。「アクセロメーターを使って洗濯が終ったことを検知するアプリが既にあるかを探してみたが、どこにもなかった ― これはブルーオーシャン戦略だ」と彼は言う。

Kerrと仲間たちは、完全にどうかしているが、作った物は役に立っているようだ。DryerBroの今後について尋ねたところ、本誌にこう語った。

「いずれは、洗濯洗剤の超ローカル共同購入のための広告プラットフォームを作りたいと思っている。ざっと計算したところ、約$41M(4100万円)の資金が必要だとわかったので、家族や友達に協力をお願いしているところだ。世界中のアクティブな乾燥機のマップを作って事務所の壁に飾ることも考えている」

DryerBroのFAQとプロモーションビデオがどちらもすごい。iPhoneアプリはここでダウンロードできる。ビデオは下に貼ってある。

Absolutely Cuckoo Cats from SINLOGO on Vimeo.

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi)