ニュース

元ThreadlessのCTOがオバマの2012年大統領選のCTOに任命

次の記事

症状別のソーシャルネットワークを展開するAlliance Healthが$11Mを調達–モバイル進出をねらう

2012年のオバマの選挙戦は、前よりもっともっとヒップになりそうだ。Threadless.comの元CTOで、堂々たる奇人変人のHarper Reedが今日(米国時間6/1)、選挙活動のCTOに任命されたのだ。ReedがThreadlessにいたのは2009年までで、その後2か月はRackspace、さらにそのあとは自分の個人的なプロジェクトCTAAlerts.comやSupertrackr.comに取り組み、またSugarSnapTap Meなどに助言を提供した。

彼がヒップであるという私の主張に疑念をお抱きの方は、Reedに関するChicago Tribuneの記事を読んでいただきたい。

“Reedはどこでも目立つ。彼のヒップスター的なルックスの最大の特徴が、しょっちゅう変わる突飛なヘアスタイルだ。モヒカン刈りのこともあれば、「ペット探偵エースベンチュラ」のジム・キャリーのようなフリップヘアのこともある。彼は分厚い矩形のめがねをかけ、耳たぶが垂れるようなゲージのイヤリング(ピアス)をしている。ブログでは自分のことを”たぶん世界一クールな男”、と称している。”

彼の起用は、とても適切だ。Threadlessの、デザインもコンテンツもすべてユーザ、という思想は、オバマのソーシャルメディアどっぷりのスタイルにぴったりだろう。2008年の選挙の勝因はBlue State Digitalによるオンライン作戦にもあり、またこれまでの再選キャンペーンはFacebook色が濃い。パロアルトのFacebook本社でタウンホールミーティングをするという、歴史的快(怪?)挙もやってのけた。

コミュニティ作りにかけてはオバマの手腕と経験は相当なものだから、今回のようにコミュニティが主にネット上に作られる選挙戦はより有利だろう。今度の選挙戦サイトには、Threadlessを組み込むとおもしろいと思うなぁ。選挙戦のTシャツにもね。

[原文へ]
[jpTechCrunch最新記事サムネイル集]
[米TechCrunch最新記事サムネイル集]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))