Internet-Explorer
IE-7

Google Apps、Firefox 3.5、IE7、Safari 3のサポートを8/1以降中止へ

次の記事

Twitterによる独自写真共有機能、テストの残滓を発見!

昨年、GoogleはGoogleドキュメントとGoogleサイトでのIE6のサポートを中止した。今日(米国時間6/1)、 Googleは旧世代ブラウザのサポートに関する大きなな決定を発表した。それによると、来る8月1日以降、Google AppsはFirefox 3.5、IE7、Safari 3、およびそれぞれのそれ以前のバージョンのブラウザのサポートを中止するという。

Googleは「Apps Suiteを含むGoogleの最新のアプリは旧世代のブラウザで正常に作動せず、ユーザー体験を損ねているため」と理由を説明した。例えば、Gmailの着信のデスクトップへの通知やGoogleドキュメントへのドラグ&ドロップでのファイル・アップロードはブラウザがHTML5をサポートしている必要がある。 Googleは「最終的にはGmail、Googleカレンダー、Google Talk、Googleドキュメント、Googleサイトは旧世代のブラウザでは全く作動しなくなる」と予告した。

Googleではまた「今後、Chrome、Firefox、Internet Explorer、Safariについては入れ替え方式でのサポートとなる。つまり、新しいバージョンが発表されるたびに、3世代2世代前のバージョンのサポートを中止する」と述べている。

企業でGoogle Appsを利用している場合、システム管理者は社員全員がGoogle Appsがサポートする新世代のブラウザにアップデートしているかどうかを確認しなければならなくなるわけだ。大企業の場合、ユーザー、システム管理者ともにかなりの苦労をさせられることになりそうだ。

[原文へ]

(翻訳:滑川海彦/namekawa01