openfeint

SEGA、OpenFeintのソーシャルプラットホームをiOSゲームに使用

次の記事

Groupon、IPO申請書に基づく年間収益予測は驚異の$2.6B


今日(米国時間6/2)OpenFeintが、同社のプラグ&プレイ・ゲーミングプラットフォームの大物パートナーを発表する ― Segaだ。日本のビデオゲーム会社は、OpenFeintを使って同社のiOS向け最新モバイルゲームタイトル、SonicとSega All-Stars Racingに、ソーシャルゲーミング機能を提供する。

OpenFeintの、スマートフォン向けプラグ&プレイ、モバイルソーシャルプラットフォームおよびアプリケーションは、ランキング、バーチャル通貨、成績など、一連のオンラインゲーム機能を提供し、クラウドベースのウェブ環境で動作する。

OpenFeintを使うことで、SonicとSega All-Stars Racingのプレーヤーは、OpenFeintのゲームネットワーク上で、友達を作り、ランキングや成績データをアクセスし、FacebookとTwitterに近況を投稿できる。SEGAがプレーヤーに対して直接、有用なメッセージを送ることもできる。アプリは今年夏、iOSに登場する。

以前OpenFeintは、タイトー、Capcomなどゲームの巨人のモバイル進出を手伝った。OpenFeintはSegaとの契約によって、同社の急成長する開発コミュニティーにまた新たな有名パートナーを加えた。

なおOpenFeintは、日本のゲーム大手、GREEに$108M(1億800万ドル)で買収されたばかりだ。

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi)