Twitter社員によるTwitter Photosが動き出した。一般ユーザは来週から徐々に機能実装開始

次の記事

元Google HealthのAdam Bosworthが“健康ゲーム"Keasを立ち上げ

Twitter Photosがいよいよ現実的なものとして動き出している(TechCrunch最初の記事はこちら)。詳細が徐々に明らかになる中、次に気になるのはいったいいつから使えるようになるのかということだ。当初、Twitterは「数週間のうち」に使えるようになるとアナウンスしていた。そしてこの度、もう少し詳細なタイムラインがアナウンスされた。すなわち来週から徐々に利用できるようになるとのことだ。

スケジュールについてのこの情報はTwitterのPRチームからのツイートにあったもの。「Twitter社員はTwitter.comに写真をアップロードできるようになりました。来週から徐々に一般利用者の方にも公開していきます」という内容のもの。Twitter社員の投稿を見ると、写真はpic.twitter.comのURLにアップロードされている。

利用者全体に写真アップロード機能が実装されるには数週間かかるだろうと見込まれる。また、最初にこの機能が使えるようになるのはTwitter.comのページだ。それからモバイルクライアント向けの実装がなされる予定になっている。もちろん、投稿された写真については今ももう見ることができるようになっている。

ちなみにTwitter PhotosはPhotobucketとの協調体制でできあがったものだ。しかしTwitter Photosの機能を利用するのにPhotobucketのアカウントは必要ない。また投稿した写真はTwitterからのみ見ることができ、Photobucketでは表示されないようになっている。


Twitter Comms

Currently, Twitter employees can upload #photos to Twitter.com. We'll start slowly rolling this out to users next week. http://bit.ly/maoib0

原文へ

(翻訳:Maeda, H)