Mac OS X Lion:販売開始は7月で価格は$29(CDでの販売はなし)

次の記事

WWDC:世界で利用されているMacの台数は5400万台。成長率では5年連続でPCを凌駕

現在サンフランシスコのMoscone Centerで行われているWWDCにおけるキーノート講演で、最新のOS Xに関する40分間のウォークスルーが行われた。これはノートブックおよびデスクトップ用の最新OSだ。OS Xの最新版はLionと呼ばれており、ここ数ヶ月にわたって開発者によるテストが続けられている。このOSが一般消費者の手に入る時期がスピーチ中で明らかにされた。発売時期は7月で、価格はなんと$29という低価格であるそうだ。

また、もうひとつ重要なアナウンスがなされた。すなわち今度のOSであるLionは小売店でCDを購入するというスタイルでは入手できないらしい。Mac App Storeからのダウンロード販売のみになるという話だ。ダウンロードするファイルの大きさは4ギガバイト程度で、映画とほぼ同じようなサイズになるらしい。

開発者向けのプレビュー版は本日リリースされるとのこと。

尚、AppleはライバルのWindows(たいていOSのアップロード価格は$100を超える)に比べて低価格による新OSを提供した実績もある。たとえばSnow Leopardの最安値版は$29だった。しかしSnow Leopardの場合、新しい機能はさほど実装されていなかった。さまざまな新機能のついたLionがわずか$29という価格で提供されるのは注目に値すると言って良いだろう。

原文へ

(翻訳:Maeda, H)