NingがUstreamと提携しユーザのSNSからライブビデオのストリーミング(+ビデオチャット)が可能に

次の記事

HTML5モバイルゲームツールのappMobiがCANVASの高速テクノロジを発表, ソーシャルホスティングTapJSも買収

Ningと、ライブストリームビデオのUstreamが、本日(米国時間6/7)発表した提携により、Ningの上で自分のSNSを作るユーザは、自分のサイトからいつでも、ライブのビデオとオーディオをブロードキャストできる。しかも、ライブのチャット機能なども利用できる。

つまりNingがUstreamを組み込んだことによって、Ningがホストするネットワークにライブビデオのコンテンツを容易に埋め込めるようになり、ユーザはそれをUstreamからブロードキャストできる。ユーザはUstreamのチャネルをNingのWebサイトに埋め込めるだけでなく、ライブのブロードキャストがあるよというサインをサイトに加えられる。また同時に、ストリーミング中のチャットもできるようになる。

Ustreamは、Ning PlusとProのユーザが利用でき、前にアップロードした Ustreamのファイルにも、サイトの管理画面からアクセスできる。なお、Ustreamの作者たちは以前、UstreamのライブビデオストリームをOpenSocialのプラグインから加えることができたが、今回のはより深い統合化であり、ライブチャットのようなネイティブな機能性も提供することができたのだ。

今日からいきなりビデオのライブストリーミングを使い始めたNingのクリエーターたちも、いくつかある。たとえばバンドのWeezerは、テキサス州オースチンのコンサート会場から、Q&Aと練習風景をストリーミングする。

[原文へ]
[jpTechCrunch最新記事サムネイル集]
[米TechCrunch最新記事サムネイル集]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))