YouTubeの‘As Seen On’機能: 埋め込みビデオをサイト別に集積

次の記事

LinkedInの上で起業家と投資家を結びつけるCapLinked, 最適のコネを見つけて提案する機能も


ちょっとひまつぶしをしたい? YouTubeが今日(米国時間6/10)から提供する新しい機能を試してみよう。その名をAs Seen On*と言う。

それはとても単純な機能で、あちこちのWebサイトが埋め込んでいるYouTubeのビデオを集めてきて、それらをサイト別に分類したものだ。たとえば本誌TechCrunchのは、ここにある

結果はかなりいいね。たとえば本誌の場合なら、ほとんどテク関連のビデオばかりだ(上の画像)。だから、まるで本誌が特集したビデオページのように見える。もちろんページの充実ぶりは、サイトにもよるけどね(たとえばboingboingのフィードは、ピストル型のインクジェットプリンタや、猫に関する科学など、雑多なビデオの寄せ集めだ)。

関連してYouTubeは、そういう埋め込みビデオに関しておもしろいことをしている。たとえばそのビデオが、埋め込まれたサイト上で大人気になっていたら、YouTubeは自動的にそのサイトのリンクを挿入する。

〔*: As Seen On, 直訳: 〜で見た、As Seen On TechCrunchというと、TechCrunchで見た、TechCrunchにあった/ある、の意。〕

[原文へ]
[jpTechCrunch最新記事サムネイル集]
[米TechCrunch最新記事サムネイル集]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))