Rick Needham
residential solar

Googleが太陽エネルギーにいよいよ本気, 住宅用ソーラーのSolarCityに$280Mを投資

次の記事

[jp]SurveyMonkeyが日本にやってきた理由―答え:日本は課金ビジネスが魅力的に見えるから

Googleが今日(米国時間6/14)、SolarCityとの提携を発表し、$280M(2億8000万ドル)を投じて同社の事業、すなわち北米市場における、住宅の屋根据え付け型のソーラーパネルの販売を支えていく。

この提携契約には、Googleの社員の住宅へのソーラーパネルのディスカウント提供が含まれる。Googleの四半期決算報告によると、Googleの全世界の正社員は約26300名である。

今月初めにSolarCityは、U.S. Bancorpからの資金調達を確保し、その可利用資本が$1B(10億ドル)を超えた。Googleは今回の関与により、同社の7番目に大きな資金提供パートナーとなる。

Googleのグリーンビジネス担当取締役Rick Needhamが、今朝の同社のブログ記事に、今回の提携について書いている:

“明日の世界は、クリーンエネルギーの、多様なニーズに対応した幅広い選択肢を必要とする、とGoogleは考えている。弊社はこれまでにも、いくつかの大規模な再生可能エネルギーのプロジェクトに投資してきた。とくに太陽光発電は、分散利用(個々の住宅への設置)が賢明な利用方式であると考える。それにより、従来の配電網にあった送電制約を、回避できるからである。”

Googleはまた、BrightSource Energyの太陽熱発電所Ivanpah Solarに、$168M(1億6800万ドル)を投資している。さらに2006年には、Mountain Viewの本社キャンパスにソーラーパネルを設置した。

Googleの太陽エネルギーインフラへの投資は、Google Venturesによるスマートグリッド関連のスタートアップへの投資と、うまくセットになっているようだ。後者のポートフォリオにはSilver Spring NetworksやTransphormが含まれている。企業や一般家庭にソーラーパネルの整備が普及すればするほど、一般送電網に給電される分散発電電力が増加し、そのために必要なデータ処理量も増える、というシナリオだ。

[原文へ]
[jpTechCrunch最新記事サムネイル集]
[米TechCrunch最新記事サムネイル集]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))