最適な写真共有サービスを選択するためのチャートを作ってみた

次の記事

MySpace:「Don't Stop Believin'」とはいかず、カラオケサービスをついに停止

今や、写真共有アプリケーションを作っていない人などいない状況なのかもしれない。Googleが、明日にも何か大業な名前で写真共有サービスに参入してきても驚きはしないだろう。

それはさておき、モバイル向け写真共有サービスが多数存在する中、自分の大切な写真を載せるのに適したサービスというのが見つけにくくなっている。しかしTechCrunch読者の方々にはぜひご安心いただきたい。インターネット上でいろいろと面白い試みを行なっているSean Percivalと協力して、上の「最適写真共有サービス選択チャート」を作ってみた。

チャートを見てもよくわからないなんて人もいるかもしれない。そういう人はきっと他の人と同様に、Instagramを選択しておけば良いのだと思う。

Image: Sean Percival

原文へ

(翻訳:Maeda, H)