ニュース
Wildfire

ソーシャルメディアプロモーションツールを提供するWildfire、Facebook Pageビルダーなどで構成する新Suiteを提供開始

次の記事

Development As A Serviceプラットフォームを提供するCloud9がAccelおよびAtlassian Softwareから550万ドルを調達

2010年、FBfundの出資を受ける零細サービスが立ち上げられた。Wildfireという名前で、ブランドや企業がTwitterやFacebookを舞台に主催する懸賞、コンテストなどバイラルキャンペーンを手助けするサービスを提供していた。当時の従業員は8名ほどだった。

現在、このWildfireのチームメンバーは120名以上となり、有名ブランドや大企業のキャンペーンを行って大いに利益をあげている(もちろん、小規模クライアントの仕事も行っている)。そしてこの度、これまでの主力だったバイラルキャンペーンプロダクトに加えて「Social Marketing Suite」というサービスの提供を開始した。CEOのVictoria Ransom曰く、これからのWildfireはオンラインマーケティングのワンストップショップを目指していくのだとのこと。

ではこの新しい「Social Marketing Suite」というのはどのようなものだろうか。まず、このSuiteを構成するPage Managerは見栄えが良く、かつ更新も容易なFacebook Pagesを簡単に作成するためのものだ。独自のデザインを構築するためのテンプレートも数多く用意されており、複数のタブにも対応している。

またMessengerというツールも提供される。これはスケジュールに従った投稿を行ったり、また外部からのメッセージを管理するためのものだ。必要に応じて特定のメッセージをしかるべきメンバーに転送することもできる。

さらにDashboardというプロダクトも提供される。こちらは分析結果を表示するためのもので、Facebookに組み込まれているInsightsよりも詳細な情報が提供される。また競合他社との最近の動向を比較表示するモードも備わっている(4月に記事にしたContentAide同様の機能を提供している。

そしてこの「Social Marketing Suite」には、これまでの主力製品だったPromotion Builderも含まれている。こちらは簡単なインタフェースを通じて、プレゼント企画などを即座に作成することができる。利用者が応募するためのテキストボックスなどはドラッグ&ドロップで作成することができる。バナーなどを貼りつけて、応募の決まりなどを記入すればそれで完了という手軽さだ。

尚、今回発表したSuiteについて、価格はまだ公表されていない(電話で問い合わせるようになっている)。しかしどうやら月間の利用料は数百ドルから数千ドルの幅であるようだ。この価格で上に記したプロダクトを利用することができる(プランによって利用できる機能には違いがある)。既にFacebookLady Gaga、およびEA Sportsなどの利用実績があるようだ。

もちろんこうしたサービスを提供しているのはWildfireのみではない。North SocialInvolverなども、上に書いたようなサービスを提供するプロダクトを提供している。しかし多くの企業がデザイナーなどを新規に採用することなくFacebookページを作成したいと考えており、市場の規模も非常に大きいと見込まれている。


原文へ

(翻訳:Maeda, H)