MorningPics

Instagramで撮りためた写真を毎朝メールしてくれるMorningPicsはいかが?

次の記事

Oracle、ウェブコンテンツ管理サービスを行うFatwire Softwareを買収

ArtistDataのファウンダー、Brenden Mulliganの新しいプロジェクト、 MorningPicsは招待のみの約1ヶ月のベータテストで1万通のメールを送った後、今日(米国時間6/22)一般公開された。これからはInstagramに20枚以上の写真を投稿したユーザーなら誰でもサービスに登録することができる。

コンセプトはごくシンプルだ。MorningPicsに登録すると、過去に撮りためたInstagram写真のうちの1枚が毎朝メールに添付されて送られてくる。メールにはその写真に付けられたコメントやFacebookの「いいね!」などソーシャル情報も含まれている。ベータテスターの一人は「毎朝小さなショックとノスタルジーを味わうことができる」と評した。

Mulliganによれば、“MorningPicsの狙いはユーザーに、このサービスがなければ忘れ去ってしまったはずの過去の瞬間を思い出し、再体験してもらおうとするものだ。「マチュピチュ〔ペルーのインカ遺跡〕を訪れて写真を共有したときに、フィードの下にどんどん埋もれてしまうから、もうこの写真を見る機会はおそらくないのだな、と思ったのがきっかけだった。こうして忘れられていく小さな瞬間が無数にあるに違いないと思った。私は家に帰ってから自分が撮った写真を毎朝ランダムに選んで表示する小さいプログラムを書いた」と彼は言う。

Mulliganが私に語ったところでは、ベータテスターの70%が毎朝必ずMorningPicsのメールを開いたという。利用を止めたユーザーは5%以下だった。一括大量送信のメールにしては驚くほど高い閲覧率だ。Mulliganはこれ以外にもいくつかのInstagram関連プロジェクトを抱えている。人気のPhotopileもその一つだ。

MorningPicsのプレスリリースによれば、当面、Colorとの連携の予定はないという。

[原文へ]

(翻訳:滑川海彦/namekawa01