世界各国でモバイルビデオの人気上位作品は何?–Vuclipのデータに見る

次の記事

今自分がいる町のGrouponセールが分かる新バージョンのPulseリーダー

モバイルビデオ検索エンジンVuclipは、騒がれないわりにはユーザが着実に増えていて、とくに合衆国以外での利用が多い。もちろんYouTube(1日に1億ビュー以上)くらべればうんと小さい(月間ビューが3億3000万)が、インド、マレーシア、インドネシアなどではかなり人気がある。また、Airtel、Maxis、Tata DoCoMo、Telkomsel、Vodafone、XLなど、配布のための提携企業も手広い。

そのVuclipが今日(米国時間6/22)発表したレポートは、各国の人気ビデオと、それがもっとも多く見られたデバイスを列挙している。たとえばイギリスで5月にもっとも多く見られたのはT-Mobileの、ロイヤルウェディングをパロった広告だ(イギリスだから当然か)。

シンガポールでは、タイのDTACのコマーシャル‘Disconnect to Connect’がモバイルユーザに受けた。ガラスのすばらしさを描いたCorningのコマーシャル‘A Day Made of Glass’は、ベネズエラ、インドネシア、そしてマレーシアで、ここ数か月トップだ。

フィリピンでは、ジャッキー・チェンなどの映画を集めたTop 10 Martial Arts Movies(武芸映画のトップテン)がトップだ。これは、ブラジルでもトップ。インドでは、The Hot Hot Los Angeles Christmas Specialが、Vuclipで見られたビデオとしてはトップ。

Vuclipの合衆国以外のネットワークで、モバイルビデオの視聴が急成長しているのは、インド、サウジアラビア、ブラジルだ。

デバイスに関しては、5月のVuclipのトップ(合衆国以外)はBlackBerry、次いでiPhoneだった。機種別では、上位5機種のうち4機種が、BlackBerryだった。

YouTubeほど大きくないとはいえ、これらの情報は、合衆国以外でのモバイルビデオの動向を知るうえで、なかなか興味深い。

[原文へ]
[jpTechCrunch最新記事サムネイル集]
[米TechCrunch最新記事サムネイル集]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))