Pogoplug
Cloud Engines

ソフトウェアひとつでパーソナルクラウドを実現するPogoplug

次の記事

従量課金の方は要注意:iPhone用Twitter純正クライアントのデータ通信量はTweetdeckの2倍

Pogoplugが、PCやMacをPogoplugデバイスにすることのできるソフトウェアをリリースした。ハードウェアを追加する必要は一切ない。

このソフトウェアは写真、音楽、映画などを他のコンピュータないしモバイルデバイス(Android、iPhone、iPad等)にストリーミングする際に便利だ。ひとつのアカウントで複数のデバイスを利用することができるので、特定の端末から特定のファイルにアクセスしたり、また接続している端末上に存在するファイルを全てまとめて一画面内で閲覧することもできる(One View機能)。

個々のファイルにアクセス(ダウンロードや共有用途)したり写真をストリーミング配信するといった場合は無料で利用できる。但し音楽ないし映画のストリーミングを行う場合にはプレミアム版にアップグレードする必要がある(29ドル)。ちなみにプレミアム版を購入すれば、ひとつのアカウントで利用しているすべてのコンピュータにインストールすることができるようになっている。

まとめるならば、Pogoplugの新しいソフトウェアは、パーソナルコンピュータをパーソナルクラウドストレージにするものだ。その際に新たなハードウェアは一切必要ない。言うまでもないが、同種の機能を提供しているサービスはDropbox、iCloud、Box.net、Amazon Cloud Drive、など数多くの競合がひしめいている。

PogoplugをリリースしているのはCloudEnginesという会社で設立は2007年。現在の従業員数は50名となっている。今日までにFoundry Group、Softbank Capital、およびMorgan Stanleyなどから2500万ドルを調達している。

CloudEnginesの本社はサンフランシスコ。テルアビブにサテライトオフィスも開設している。

原文へ

(翻訳:Maeda, H)