数学ファンよ喜べ! Desmosのグラフ電卓が単独のWebアプリに

次の記事

2008年のGoogle内部の笑えるビデオ: YouTube, プロジェクトスパゲッティ, そしてTim Armstrong

ニューヨークで行われたTechCrunch Disruptのデモで、良かったものの一つが、Desmosだ。ここは、ホワイトボードをWeb化し対話的にしたサービスを披露した。

そのDesmos Whiteboardの最高の機能の一つが、方程式を書くとそれをグラフ化してくれる対話式電卓だ(ファウンダのEli Luberoffはイェール大学で数学と物理の両方を専攻した)。そしてその部分が今日(米国時間6/24)から、単独のWeb電卓サービスになった。方程式を書く/書き換えると、すぐにそのグラフが描かれる。カラー化され、無料だし、描いたグラフはbitlyのリンクで共有できる。

もうあの、Texas Instrumentsのグラフ電卓を買わずにすむよ(まだ作ってるかな?)

DesmosはDisrupt NYCの前日に、Mitch Kapor、Learn Capital、そしてKindler Capitalから80万ドルのシード資金を獲得した。

[原文へ]
[jpTechCrunch最新記事サムネイル集]
[米TechCrunch最新記事サムネイル集]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))