ニュース
MySpace

Myspace、今週中の売却発表を控え(?)、水曜日には150名の従業員をレイオフへ

次の記事

Googleが黙ってWDYL.comを立ち上げ: 複数の製品上の検索結果を1ページにまとめる

情報筋から得ていたMyspaceでの大量レイオフの噂がどうやら真実であるようだ。噂によればMySpaceは本日中にも従業員400名中、150名(全体の37.5%)のレイオフを行うようだ。またこれに続いてさらに150名程度が転職勧告を受ける予定だとのことだ(レイオフの一種だが、数週間は給料の支払いを受けつつ、次の仕事を探すことができる)。

MySpaceは今年1月にも従業員の47%を解雇しており、さらに新たなレイオフを行うのは売却に備えてのことだという話がある。売却契約も明日にも締結され、金曜日に発表となる見込みだそうだ。苦境に陥ったソーシャルネットワークの担い手たるMyspaceをいずこが買収するのかについてもさまざまな噂が流れている。たとえばActivisionのCEOであるBobby Kotickの率いる投資グループや、Buzzmedia、あるいはLivingSocialの名前すら取りざたされている。

いずれにせよ、今週はMyspaceにとって大忙しの1週間ということになりそうだ。ちなみに同社の会計年度は水曜日に終了する。Myspaceの広報部のコメントを求めてメールは送ってある。返答があり次第、アップデート情報をお送りしたいと思う。

原文へ

(翻訳:Maeda, H)