Google Sitesがモバイル対応―誰でも数分で携帯向け通販サイトが作れる

次の記事

サマーズ元財務長官、シリコンバレーのベンチャーキャピタルの特別顧問に就任


Googleは以前からHTMLの知識を必要とせず、簡単に初歩的なウェブサイトが作れるGoogleサイトというサービスを提供している。これまでGoogleサイトはモバイルに対応していなかったが、今日(米国時間6/29)、Googleは新機能を追加したことを発表した。今後ユーザーは簡単にモバイル向けページを無料で作成できる。

ウェブ版のGoogleサイトと同様、モバイル版の場合もユーザーは用意されたテンプレートから適当なものを選ぶ。たとえばモバイル・ページを通じて物品の販売をした場合はeコマース向けテンプレートを選ぶ(決済はGoogle Checkout)。 Googleではその他、レストラン、ローカルビジネス、顧客開拓、ソーシャルなどのテンプレートを用意している。

モバイル・サイトのユーザーは自分のFacebook、Twitter、YouTube、LinkedInその他のソーシャル・ネットワークと連携させることができる。また電話番号、地図、クーポン、メニューなどの要素も用意されている。またユーザーに対してはトラフィックの分析が提供される。

Googleは「ものの数分でモバイルサイトを作成して運用を開始できる」としている。Googleによれば、小売店舗に対する検索の5分の1は携帯電話からだという。この検索の大部分は望みの品が店に用意されているかどうかを調べるものだ。地元店舗、企業が簡単に携帯電話向けサイトを作成できるのは大いに意味があることといえる。

対象としてローカルビジネスが主体ということになれば、Googleプレイスとの統合が考えられる。しかしGoogleではプレイスのモバイル対応については「現在検討中」としている。

[原文へ]

(翻訳:滑川海彦/namekawa01