Google+、友達招待中止の抜け穴

次の記事

どうしてもGoogle+の招待状が欲しい人は、eBayに走れ!

ここヨーロッパでは、朝起きたらGoogle+の招待状発行プロセスが無効になっていた。いろいろ試した結果、Googleによる招待停止中に友達を呼ぶ方法が見つかった。

Google+に参加するための招待状を持っている人は、メールで送られてきた招待リンクを右クリックして、URLを保存する。このURLをTwitterやFacebook、メール等で友達何人かに送る。運が良ければ、そのリンクから入会できるかもしれない。

私はこの方法で自分の招待リンクをツイートして、何人かが招待状を手に入れた。ただし、殆どの人はダメだったので確実な方法ではない。どうやら、何分間か待つか、しばらくしてからページを更新すると良いらしい。

もっと良い、保証付きのハックが次のいずれかだ。

Google+の既存ユーザーが新しいCirlceを作り(例えば)Invitesという名前を付ける。招待したい人たちのメールアドレスを、そのCircleの招待リストに追加する。

もう一つ抜け道。例えば「inviting people」などと書いた近況アップデート(Google+では「Share」と呼ばれている)を作り、招待したい人のGmailアドレスを「add people」ボックス(+1とコメントリンクの近く)に貼り付ける。

相手には、近況アップデートがメールで送られ、その中に「Learn more about Google+」と書かれたリンクがある。これをクリックすれば、Join Google+のボタンのある記事に飛ぶ。

結果は下のコメント欄で知らせてほしい。

アップデート:どうやら最後の方法が一番確実のようだ。

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi)