『カッコウはコンピュータに卵を産む』にも登場したセキュリティエキスパートのRobert Morris、78歳の人生を閉じる

次の記事

誰がどんなビデオ電話システムを使っていても全員でビデオ会議ができる–統合サービスBlue Jeansが$23.5Mを調達

セキュリティ分野の専門家として有名だったRobert Morrisが、ニューハンプシャー州レバノンの自宅近くで死亡した。死因は認知症に伴う合併症。また、Morris Wormを作ったRobert Tappan Morrisの父としても知られている。

Morrisはほぼ10年間にわたり、National Security Agency(ISA)のチーフサイエンティストの職に就いていた。1991年に行われたサダム・フセイン率いるイラク軍に対する初のサーバーアタック作戦にも参加していた。またBell研究所のリサーチグループにて各種ツールやシステム構築にも携わり、現代インターネットの基礎を築いた人物としても知られている。

才能豊かな暗号技術者でありプログラマーであったMorrisは、クリフォード・ストールの『カッコウはコンピュータに卵を産む』(訳注:英語版のテキストは無料で読めるようです)にも登場し、以降刊行された、Morris Seriesの登場人物としても有名だ。

1 11 21 1211 111221 … さて、これに続く数字は何か。

Morris氏の死去に哀悼の意を示しつつ、解答は読者の皆さんのエクササイズとして記さずにおきたい。

via NYT
image via Inquirer

原文へ

(翻訳:Maeda, H)