Google+をFacebookに変える

次の記事

競合他社のAdSense広告のパフォーマンスが分かるサービスMixRank–良い広告は真似しよう!

ソーシャルネットワーク戦争が今週ついにその限度を超えた。それはGoogleが、大いに期待され大いにリークされたソーシャル機能Google+を火曜日に全世界に公開したからだが、まあ率直に言って、その反応はそれほど悪くなかった。だから当然とはいえ、今日(米国時間6/30)はFacebookが反撃に出て、来週は“うちもすごいものを出す”、とのたまった。まるで、子どもの喧嘩ね。

二つのソーシャルネットワークがとても似ていることは、気味が悪いぐらいだ。私がツイートで意見を述べるなら、「Google+はFacebookみたいだけど写真やグループのインタフェイスは使いやすいしすっきりしている」かな(それだけでも十分勝てるけど)。今はまだ、どっちとも言えないわね。

ところで、あなたが典型的な中産階級病「ソーシャルネットワーク疲労」の患者なら、治療法があるわよ。人間の創造力は無限だから、Google+の外見をFacebookふうにしてしまえるの。それには、StylishのエクステンションGoogle+ : Facebook 、または、このCSSコードを使う。

いいな、これ。

[原文へ]
[jpTechCrunch最新記事サムネイル集]
[米TechCrunch最新記事サムネイル集]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))