Twitter、1日当たり2億ツイートを達成。でもどれだけがボットから?

次の記事

Google上の自分のデータを簡単に外に持ち出せるGoogle Takeoutがローンチ

Twitterがまた一つ大きな節目を越えた。現在同サービス上では、1日に2億ツイートが発信されている。これは1年前の1日当たり6500万ツイートから約200%の増加率だ。今年3月の発表では1億4000万ツイートだった。はるか昔の2009年1月、人々は1日当たりわずか200万回しかツイートしていなかった。

いや、多分「人々」というのは寛大な表現だろう。今やTwitterは、自動化されたボットからのツイートやウェブサイトのフィードで溢れ返っている。1日2億ツイートのうち、どれほどが自動的でどれほどが手作りなのかは明確ではない。さらには、少数のパワーユーザーたち(恐らく計2万人程度)が、リンクを含むツイート全体の半分を発信しているという報告もある(ただしこの調査は、2010年3月のデータに基づいており現状を表していない可能性がある)。

しかし、他のデータは、Twitterのオーディエンスが伸び続けていることを示している。ComScoreの推定によると、Twitter.comだけで、2011年5月に全世界で1億3900万人のユニーク訪問者数を集めており、これは前年比59%増だ。Twitterは全世界で見るとMySpaceよりも大きい。しかし米国内では、Twitter.comのトラフィックは12.5%増にすぎず、2011年5月のユニーク訪問者数は推定2700万人だった。

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi)