FacebookをGoogle+に変える

次の記事

ゲーム化: それはサイトの活性化〜顧客増大のための普遍的な価値がある

Google+はFacebookそっくり、という声が大きい中で、FacebookのVladimir Kolesnikovがその逆を行って、Google Circlesの斬新なデザインをヒントに、Circlehackというものを作った。それは、Facebookのフレンドリストをもっと簡単に作るためのツールだ。

これまでFacebookでリストを作る方法といえば、まずFriends(友達)ページへ行き、Account(アカウント)のドロップダウンメニューをクリックし、“Edit Friends”(友達を編集)、次に“Create a List”(リストを作る)、などなど、大量の面倒な作業をする。

しかもFacebook上でGoogle+と同じような粒度の共有を実現しようと思ったら、“Privacy Settings,”(プライバシーの設定)、“Customize,”(カスタマイズ)、“Make this open to”(これを誰それに公開)、アレをクリック、コレをクリック、…、分からなくなったらGoogleで調べる

CirclehackはGoogle+のデザインや機能をすべて持ってるわけではないが(ホバーしてもサークルメンバーの友だちの輝度が変わらない、グループやプライバシー設定と連動しない、などなど)、しかしこれは、あくまでも、Facebookにとってのスタートだ。

えらいぞKolesnikov、あんたは立派だよ。

原文へ]
[jpTechCrunch最新記事サムネイル集]
[米TechCrunch最新記事サムネイル集]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))