ザッカーバーグがGoogle+に登録:「なぜみんなそんなに驚くの?」

次の記事

元Google+担当者で現FacebookのPaul Adams: 公開されたGoogle+を見るのは、昔の彼女と偶然出会うようなもの

FacebookのCEO、Mark ZuckerbergがGoogle+に登録したことは、重要なメディアイベントであり、ForbesからThe Daily Mailにいたるまで、FacebookファウンダーがGoogle+のプロフィールを設定し、元FacebookのDustin Moskovitzと現Facebook CTOのBret Taylorを含むサークルを作ったことを、挙って取り上げた。

本物のZuckerbergがライバルのソーシャルサービスに登録するだろうかと、懐疑的な意見も多かったが、テクノロジーブロガーのRobert Scobleは、Zuckerberg本人にテキストメッセージで確認したと、ツイートした。「自慢の瞬間。Zuckerbergから返事が来た。『なぜみんな、ぼくがGoogleアカウントを持っていることをそんなに驚くのだろう』」

今でもこれが本物のZuckかどうか疑っている人のために書くが、Scobleは私に、ZuckerbergがGoogleアカウントと書いたのは、本当はGoogle+アカウントの意味だと教えてくれた。しかし、本当の疑問は、なぜみんなは、ZuckerbergがGoogle+に入ることにそれほど驚くのかだ。

たぶん答えは、GoogleファウンダーのLarry PageとSergey Brinが残した前例の中にある。彼らはFacebookを避けていたのだ(Steven Levyによると、実はBrinは偽名でFacebookに入っているという。GoogleのEric Schmidt会長も、メンバーであるというがあり、これはMike[Arrington]が彼になりすましたのとは別に)。

PageとBrinの行動はさておき、数多くの他のファウンダー例えばMyspace)が、競合サービスに参加して楽しむことを全く当たり前のことであり、スパイ行為と考えるべきではないとしている。私は個人的にZuckerbergが、Google+ではTwitterでの彼以上にアクティブであって欲しいと願っている。


Robert Scoble

Name drop moment. Zuckerberg just texted me back. Says “Why are people so surprised that I’d have a Google account?”

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi)