GoogleがMicrosoftから検索エンジンBingの大物エンジニアを引き抜く

次の記事

Facebook友達をGoogle+にインポートする最後の裏口はYahoo。でもインポートなどできない方がいい?

Sanaz Ahariは23歳のとき、Microsoftの史上もっとも若い、リーダー的プロダクトマネージャになったが、それから7年半後の今日(米国時間7/5)、Microsoftを去った。彼女の最後の仕事は、Bingの主席グループプログラムマネージャで、Brian MacDonaldのチームに属していた。彼女は現在、29歳だ。

彼女が確認したところによると、新しい職場はGoogleだ。そこで彼女は、 Neal Mohan’s(Googleが1億ドル払って慰留した人)のチームに入り、GoogleのSeattleおよびPacific Northwestオフィスでディスプレイ広告製品の開発を指揮する。

Microsoft時代のAhariは、検索の質と結果の適切性のアップを担当していた一握りの上級エンジニアの一人で、Bingの開発と立ち上げの時期には上級プロダクトチームに属していた。

[原文へ]
[jpTechCrunch最新記事サムネイル集]
[米TechCrunch最新記事サムネイル集]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))