comScoreユニークビジター数比較:LinkedIn、米国内でMySpaceを抜きソーシャルネットワーク界第2位の座を獲得。Twitter.comも微差で追随

次の記事

Google前CEO Eric SchmidtがGoogle+の今後の見通しを語る

仕事関連のソーシャルネットワークを展開しているLinkedInが、アメリカ国内におけるトラフィック量でMySpaceを抜き去り、ソーシャルネットワーク部門第2位の地位を獲得した。LinkedInは5月のIPO以来トラフィックを大きく伸ばしており、6月には過去最高となる3390万のユニークビジターを集めた。一方のMySpaceの方は5月の3490万から数値を落とし、3350万ユニークビジターとなった。新たなオーナーのもと、凋落してしまったソーシャルネットワークがどのような策を打ち出してくるのかを期待して見ていることとしよう。

尚、Twitterの方もアメリカ国内では初めて月間ユニークビジター数3000万超を記録した。6月におけるTwitter.comへのユニークビジター数は3060万となり、5月の2700万から増加している。Twitterは、他社製のクライアントはもちろん自社のモバイルクライアントともトラフィックを奪い合うようなことになっている。Twitter.comへのトラフィックが過去最高となっているのは、Twitterが大きく伸びていることを示すものと言えよう。

Facebookの方もこの6月、アメリカ国内でのトラフィックでは過去最高となる数値を記録した。comScoreのデータによれば、6月におけるFacebookのアメリカ国内ユニークビジター数は1億6080万となっており、5月の1億5720万から増加している。また6月には、全世界におけるFacebook利用者が7億5000万人を突破したこともアナウンスされた。

最近また話題にのぼることの多いTumblrも5月の1070万ユニークビジターから数値を伸ばし、6月には1180万ユニークビジターを達成している。TechCrunchでも報じた通り、今やTumblrは1日に4億程度のページビューを集めている。利用者が全世界に広がり、またシステムのレスポンスを改善したことも要因とされている。

原文へ

(翻訳:Maeda, H)