AOLが、音楽アプリ「Play」のiPhone版をInstagramで売り込んできた

次の記事

Rubyの作者、まつもとゆきひろ氏がHerokuのチーフアーキテクトに

去る3月、本誌はAOL内のモバイル製品グループが、なかなか出来の良い「Play」という新音楽アプリを推進していることを報じた。タイミングは素晴らしく、発表はSXSWが始まるのと同時だった。残念なことにAndroidのみの対応だった ― 即ち、私を含む無数の人たちはこれを使うことができず、代わりにライバルのSoundtrackingなどを使っていた。しかし、明日(米国時間7/13)、ついにPlayがiPhoneにやってくる。

私が知る限り、iPhone版のPlayの見た目はすばらしい。ただし〈見た目〉というのがポイントだ。実はアプリ自体はまだ使ったことがない。代わりに、AOLはこれをInstagram上で私に売り込む方法を選んだ。そう、私のメール不使用宣言を知るAOLは、賢明にも私が出入りするネットワーク、それもかなりハマっている場所を見つけたのだ。 お見事、そして賢い。AOLはこのアプリを「音楽版Instagram」のような位置付けで売り込んでいる。そして、これまでのところうまく行っているようだ。

AOLのモバイルプロジェクト担当上級ディレクター、Sol Lipmanが、新アプリを見せびらかし、説明するために、以下のInstagram画像を用意して私に送ってくれた(もちろん公開の場で)。

あらためて、このアプリの見た目は最高だ。早く使ってみたくてたまらない。

thesolster: So @parislemon we’re launching PLAY for iPhone tomorrow – this is the music tab.

thesolster: And this @parislemon is the PLAY tab – it is rad.

thesolster: the feed @parislemon, rules

thesolster: hey @parislemon look at this awesomeness here

thesolster: We have a full-on local music player @parislemon

thesolster: Hope you enjoyed it @parislemon – for everyone else sorry to clutter your stream, just trying to take care of business

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi)