どんなWebサイトでもゲーム化するサービスBadgevilleが$12Mを調達, 記念のインフォグラフィックを作る

次の記事

印刷してできる太陽電池: 太陽光発電の大衆的普及に一挙に弾みを付けるか

Badgeville

BadgevilleのファウンダでCEOのKris Dugganは、いつ会ってもアホみたいに陽気でポジティブなやつだから、ときどき、首を絞めてやりたくなることもある。人間には、あそこまでハッピーであれる権利はない。

1年前にFortune Brainstormカンファレンスで会ったときも笑顔のハッピー男だったが、そのとき初めてBadgevilleを見せてくれた。昨年9月のサンフランシスコのTechCrunch Disruptでも、ステージの彼はにこにことハッピーに自分の会社をロンチして、会場賞をかっさらった。

そして今の彼は、二度目の資金調達ラウンドを完了してさらに最高にハッピーだ。その$12M(1200万ドル)を投資したのは、Norwest Venture PartnersEl Dorado Ventures、さらに、それまでの投資家Trinity VenturesWebb Investment Networkも参加した。NorwestのTim Changと、El DoradoのTom Petersonが、同社の取締役会に加わる。

Dugganがドーパミン過剰でないときは(いや、過剰なときも)、彼のすごい会社を育てている。そのBadgevilleは、Webサイトのゲーム化を助け、サイトにゲーム性を導入することによって、ユーザとの対話性をより濃くする。顧客企業は現在75社、四半期の売上は”7桁”(数百万ドル)、つねに前四半期の40%増を達成している。顧客企業はこのサービスに年会費を払う。有名どころとしては、Discovery Communications、NBC、Bluefly.com、Interscope Records、Major League Gaming、LiveMocha、The Active Network、Deloitte Digitalなどが挙げられる。

NorwestのChangは、とりわけこの会社向きだ。彼はngmocoとPlaydomにも投資していて、Webサイトのゲーム化について詳しい。彼はBranchOutにも投資しているが、それは、誰かがあなたを自分のネットワークに加えたら、そのことをメールで知らせてくれるサービスだ。

下のインフォグラフィックは、このたびの資金調達を記念して同社が制作したものだ。

[原文へ]
[jpTechCrunch最新記事サムネイル集]
[米TechCrunch最新記事サムネイル集]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))