ニュース

北米ではモバイル広告の78%がスマートフォン(InMobi扱い分)

次の記事

ありうる噂:今秋AmazonがAndroidタブレットと新型Kindleを出す

Smartphone ad share北米のモバイル広告が転換期を迎えた。2011年第2四半期、広告ネットワークのInMobiが扱ったモバイル広告の78%が、スマートフォンで表示された(従来の多機能電話との対比)。第1四半期は67%だった。同社発行の最新レポートによる。「弊社では第4四半期末までに広告の90%がスマートフォン用プラットフォームに載ると予想している」とグローバル研究調査担当VPのJames Lambertiが語った。なお、これらの広告の半分がアプリ内広告である。

米国内モバイル広告の総インプレッション数は40%伸びており、その原動力は65%増のスマートフォン広告だ。世界では、スマートフォン広告の割合はずっと小さく、今期が38%、前期が32%だった。

InMobiは、第2四半期に北米でモバイル広告を187億回配信しており、OS別のレポートも出している。Androidが33.2%でリードしているが、29.3%と伸ばしたiOSにシェアを奪われている(RIMが13.9%で、これも減少)。1月にはAndoidがシェア37%、iOSは23%だった。

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi)