ありうる噂:今秋AmazonがAndroidタブレットと新型Kindleを出す

次の記事

オンラインツーオフラインは新しいゴールドラッシュか?–本誌編集長はPrism Skylabsに投資

名高きAmazonのタブレットよ。なぜそんなに私たちを悩ませる。あなたは世界で最も愛されている電子ブックリーダーのメーカーに生まれ、万能のAndroid OSを走らせるという(できればスリム化してほしいが)。しかし、私たちはあなたのことを殆ど知らない。いつ来るのか? 値段はいくらになるのか? 名前は何か? そもそも本当なのかも?

ウォールストリートジャーナルは本当だと思っている。それどころか、発売月を10月と指定し、さらには新型のKindleも近々出てくると書いている。詳細はもちろん不明だが、タブレットの仕様に関していくつか興味深い点がある。画面は9インチ、カメラ無し、名称不明のAndroid OSが走る。私にはiPadキラーには見えない。

あるとすれば、タブレットの位置付けはiPadキラーではなくカラー版Nook対抗で、重点をAmazonマーケットプレイスに置く。Amazonは昨年、ビデオのストリームコンテンツの強化に大きく力を入れた。タブレットはそのサービスにとって最適の出力装置になる。

同記事は、AmazonがKindleの新モデルを2機種用意していると報じている。これは現行のKindleがまもなく最初の誕生日を迎えようとしていることを考えれば、そう驚くことではない。記事によれば、Kindleの2つのバージョンは、現行モデルの低コスト版と、高価格のタッチスクリーンモデルだ(やれやれ)。

でも、今持っているKindle 3Gをオークションに出すのは少し待った方がいいかもしれない。記事を見ても、Bezos CEOが最大限Steve Jobs流に、Amazonタブレットを世界に向かって披露するまでは、噂にすぎないのだから。

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi)