ニュース
Stephen Russell
Ron Palmeri
Prism Skylabs

オンラインツーオフラインは新しいゴールドラッシュか?–本誌編集長はPrism Skylabsに投資

次の記事

iPad以外のタブレットは最初から死んでいた?

prism skylabs

2週間前に、Prism SkyLabsというお忍びのスタートアップがサンフランシスコに出現した。それはすでに、エンジェル投資家たちのあいだで、話題になりつつある。サイトは現在、単なるプレースホールダーのようなもので、次のような漠然とした説明があるだけだ:

弊社は物理的な空間をオンライン化する方法を開拓し、人びとや企業が互いを理解し関わり合うための新しい場所を作る。

2人の協同ファウンダを見ると、何かのヒントになるかもしれない。CEOのSteve Russellと社長のRon Palmeriだ。Russellは以前、3VRを創業した。それはデジタルビデオのセキュリティ企業で、今彼はそこの会長だ。しかしこれからは、Prism Skylabsが彼のフルタイムの仕事になる。

Palmeriは、Minor VenturesでHalsey Minorの右腕だった。彼はそこで、GrandCentral(今のGoogle Voice)やOpenDNS、Scout Labsなどを支援し育てた。Scout Labsはブランドをモニタするサービスを提供するソーシャルCRMだが、Lithium Technologiesに売った(それが訴訟に発展した)。

というわけで、ビデオ監視のエキスパートと、消費者Webおよびソーシャルメディア分析のバックグラウンドを持つ両人が、”物理的な場所をオンライン化する”というのだ。たぶん、ビデオのアプリケーションだろうな。そのほかはまだ分からないが、今やWeb上の新しい金鉱となりつつあるオンラインツーオフライン(online-to-offline)の市場を、真っ正面からねらっているようだ。

本誌のビデオカメラも、彼らを見失わないようにしたい。

情報公開: 本誌編集長Michael Arringtonも、Prism Skylabsへの投資に加わっている。

[原文へ]
[jpTechCrunch最新記事サムネイル集]
[米TechCrunch最新記事サムネイル集]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))