Napsterから12年, あのSean ParkerがSpotifyのU.S.ロンチを語る: "夢の実現, 海賊行為の終わり"

次の記事

ラリー・ページ:「当社の製品は3つのカテゴリーに分けられる」

110305_FiTi_SeanParker_TN

ほとんどの人は、Sean Parkerの名前を、彼が重要な役で出たアカデミー賞映画で知っているだけだろう。でも、それよりずっと前には、彼の名はNapsterの協同ファウンダとしてテク世界、中でもとくに音楽畑でよく知られていた。言い換えると、これまでのような形の音楽産業の終わりの始まりをもたらした男として。だから今でも、彼が音楽産業について何かを言うと人びとは耳を傾ける。そして今日(米国時間7/14)彼は、言いたいことがいろいろあったらしく、Facebookに長い記事を書いた。何が、彼を触発したのか? もちろんそれは、Spotifyの合衆国ロンチだ。

記事の全文はここにあるが、下にもコピーした。要点はこうだ: Spotifyは音楽産業を活性化し、海賊行為を不要にするだろう。えっ、たったそれだけ? 彼は Spotifyに投資しているから、その合衆国での成功に利害の関係がある。でもその投資をしたのは、やっと昨年の終わりのこと,だ。Spotifyはそれまで長年、ヨーロッパで成功している。Parkerは、単純に投資対象としてSptifyに目を付けたというより、明らかに、アメリカでも大物になると信じたのだ。

“本日の歴史的な発表は、録音された音楽を扱うビジネスにとって、これまでの衰退を上向きに転ずる契機となる”、こう書くParkerは、“音楽の新しい黄金時代が来る”と断言する。彼曰く、音楽はソーシャルなアクティビティとして重要である、音楽を聴くことは元々ソーシャルな体験である、でもその体験はこれまでオンライン化されていなかった。この、Facebook創業時には同社の社長でもあった男は、具体的にFacebookの名を挙げなかったが、ソーシャルネットワークが音楽のソーシャルな側面を強化する、と感じているのだ。かなり前から、SpotifyにはFacebook Connectがあり、Facebook MusicとしてFacebookに吸収されるという噂も、数か月にわたり(いや、数年にわたり)流れていた。

Parkerは、Spotifyのビジネスモデルにも注目している。デスクトップ向けの基本サービスは一定時間にかぎり無料だが、ほとんどの人が自分が聴く音楽をカスタマイズしたいので、喜んでそのための料金を払う、と彼は信じている。“この点でSpotifyは、海賊行為に対する最終回答だ。海賊版音楽のファンだった何百万もの人たちが、合法的なプラットホームへ移行し、それによって、アーチストをはじめ音楽に人生を捧げている人たちが収入を得ることができる”、と彼は書いている。

以下は、Parkerの記事の全文だ:

ついに… Spotifyが合衆国にロンチした!

Spotifyのロンチについて考えること…

今日は、夢が実現した日だ。この十年間ぼくは、音楽を全世界で自由に共有でき、同時にアーチストたちの生活を支えることもでき、そしてぼくの音楽に対する情熱を再び燃え上がらせてくれるような音楽サービスを、待ちわびていた。

Spotifyが、その、待望のサービスだ。

Napster以降、録音された音楽を取り扱うビジネスは下降線を辿り続け、今なお、その長いトンネルの向こうに光は見えない。しかし、本日の歴史的な発表は、録音された音楽を扱うビジネスにとって、これまでの衰退を上向きに転ずる契機となる。

Spotifyは、音楽を再びエキサイティングなものにし、音楽の新しい黄金時代をもたらす。これまでよりも、はるかに多くの人びとが、これまでよりもずっと多くの音楽を発見し、そして聴く。Spotifyは音楽の共有を妨げる垣根を取り去り、音楽が自由に移動することによって、無理なく自然にファンを増やしていく。この、超々効率的なシステムの中で、音楽はその本来のオーディエンスを見つける。したがって、成功するアーチストはこれまでよりも多くなり、彼らとその音楽を見つけるファンの数も、これまでよりずっと多く、したがってアーチストの収入機会も、彼らが思った以上に大きくなる。レコード産業の錆びた歯車が、再び回り始める。

Spotifyは音楽をヴァイラルに広めるから、オンラインで音楽を聴くことがソーシャルな体験になる(オフラインのときまさにそうだったように)。そして、新しい音楽を発見したり聴いたりするソーシャルな体験が、それまでよりもずっと楽しくなる。Spotifyはデスクトップではダウンロードも利用も無料だが、音楽をiPodやiPhoneなどに自分のものとして乗せて持ち運びしたいときには、買う必要がある。この点でSpotifyは、海賊行為に対する最終回答だ。海賊版音楽のファンだった何百万もの人たちが、合法的なプラットホームへ移行し、それによって、アーチストをはじめ音楽に人生を捧げている人たちが収入を得られるようになる。

[原文へ]
[jpTechCrunch最新記事サムネイル集]
[米TechCrunch最新記事サムネイル集]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))